喜びの油

アットホームな、ほのぼのとした賛美でした。ご高齢で、これだけ歌えたらステキです。
 


筑豊 kazuko