賛美のために

賛美の中に住まわれる主が働いて下さいますように。 S

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です